所有権と借地権

土地の上に建っているのが建物です。
建物の敷地には必ず土地が存在し、その土地には、所有権と借地権という権利があります。
一般的に土地の売買を行うときは、所有権での売買です。


所有権とは、土地を所有する権利とそのままですが、売買の金額を支払うことで、その土地を購入した人がその土地を所有することができます。
所有者になったら、その土地を自由にできますが、固定資産税などの税金を支払うことになります。
所有権に対して、借地権という権利があります。


借地権とは、他人から借りている土地に、建物を建てる場合に存在しますが、その土地を借りる権利のことを借地権といいます。
借地権は、借地権を購入するために支払う権利金と、土地を借りているときに継続して支払う地代があります。
所有権に比べて安いので、初期費用を抑えたい場合には非常に良いでしょう。
しかし、住宅ローンが利用しにくかったり、建物の構造制限があるなどの欠点もあります。


そして、借地権は、地上権と賃借権という二つの権利があり、それぞれ法的に扱われ方が異なります。
地上権は、地主の許可なく第三者に地上権を譲ったり賃貸することができる権利ですが、地主には、地上権を登記する義務が発生しますので、登記簿に記載されるのが一般的になっています。
賃借権は、地上権ほど強い権利ではありませんが、譲ったり賃貸するときには、地主の許可と権利金の3%(~5%)ほどの承諾料がかかります。
そして、地主には賃借権を登記する義務は発生しないため、登記簿には記載されないのが一般的です。


※注目関連サイト
親や親族から借地権を相続してしまった際に無料で相談出来るサイトです → 相続借地権

Copyright © 2014 借地権を知ろう All Rights Reserved.